ネットワークカメラ

監視カメラを導入するものの、何を導入すればいいか判らない人たちって結構多くいらっしゃるのではないでしょうか。その時、まだまだアナログ的発想をしている人たちもいるのかもしれませんが、時代は確実にネットワークカメラの時代です。

まず、みなさんにはアナログカメラと、ネットワークの違いについてしっかり理解をしていただきたいのです。ネットワークとアナログカメラの違いは、画像記録情報の種類です。アナログカメラでは、アナログ情報(アナログデータ)を出力し保存をします。一方でネットワークでは、デジタル情報(デジタルデータ)を出力し保存するという大きな違いがあります。

ネットワークは、ウェブカメラまたはIP(インターネットプロトコル)カメラとも呼ばれ、撮影された映像は、 二進数のデジタルデータに変換されるという作業が行われています。ちなみに、カメラ導入業者の“アロバビュー”では、ネットワークカメラを使用して撮影された映像の人物や感情を数値化できるサービスがあります。そして、次に磁気または電子的保存作業が行われます。そして、ネットワークの場合では、DVDやSDカードなどの記録媒体に保存することが出来ます。

ネットワークカメラを使用して、人物の性別、年齢、新規/リピーター、感情を数値化するソリューションです。

そのような方法によって、インターネットやLANを通じて、画像送信などを簡単にすることが出来るようになります。インターネット、VPNを通して遠隔地のカメラをコントロールすることが出来、監視カメラとして有効的に活用することが出来、ハードディスク記録による長時間録画と、検索という方法によって、防犯対策として現在有効的に活用されている方法なのです。