メリットデメリット

更にアナログカメラのデメリットは、 LAN・配線の引き回しが必要となるため、電源工事を要し、工事費がかさむということもあり、ネットワークカメラの方が全然導入しやすい方法だったのかもしれません。

そして、アナログカメラの場合、 データー出力がDVRに依存するゆえ、映像が劣化する場合があることもデメリットとして考えることが出来ます。今やっぱり時代の流れがネットワークカメラにあると言っても誰も否定することが出来ないでしょう。

ネットワークカメラのメリットは、映像のデータ転送速度が速いことです。このスピードが、現代社会に一番マッチしている方法として考えることが出来ます。そしてネットワークカメラの場合、PoE対応機種ならLAN・配線の引き回しや電源工事がありませんので工事費がそれ程かからないというメリットがあります。

更に機種によりますが、撮影映像のライブ閲覧のみだけなら録画機器は必要ありません。ただし、ネットワークカメラの時代というもののネットワークカメラにもデメリット存在しているようです。ネットワークカメラはインフラに依存度が高いゆえ、録画が出来ていない場合があり、 通信状況によっては映像が途切れる場合があるということです。