アナログカメラ

まだまだ監視カメラといえば、アナログカメラという認識の人たちもいるかもしれません。CCTVカメラ(閉回路テレビカメラ)とも呼ばれているものがアナログカメラであり、 テレビ用の同軸ケーブルを経由してテレビモニタに接続し、撮影した映像などをしっかりチェックすることが出来ます。

アナログカメラで撮影した映像は、VHSビデオテープやハードディスクに記録することが出来、ちょっと機械に詳しい人たちはやっぱりちょっとレトロという感じもしているのではないでしょうか。時代は、やっぱりアナログカメラではなくて、ネットワークカメラの時代なのかもしれません。

ただし、アナログカメラにはアナログカメラのメリットは存在しているようです。アナログカメラには、 インフラに依存しないので映像の途切れがないというメリットがあります。 そして、夜間映像・逆光補正に強いというメリットもあります。そのようなメリットを知り、敢えてアナログカメラの選択をしているという人たちも中にはいるのかもしれないですよね。しかし 映像のデータ転送が遅いというデメリットも、もう既にネットワークカメラ体験をしている人たちなら感じているはずです。やっぱりデメリットもアナログカメラには多いようです。