メリットデメリット

更にアナログカメラのデメリットは、 LAN・配線の引き回しが必要となるため、電源工事を要し、工事費がかさむということもあり、ネットワークカメラの方が全然導入しやすい方法だったのかもしれません。

そして、アナログカメラの場合、 データー出力がDVRに依存するゆえ、映像が劣化する場合があることもデメリットとして考えることが出来ます。今やっぱり時代の流れがネットワークカメラにあると言っても誰も否定することが出来ないでしょう。

ネットワークカメラのメリットは、映像のデータ転送速度が速いことです。このスピードが、現代社会に一番マッチしている方法として考えることが出来ます。そしてネットワークカメラの場合、PoE対応機種ならLAN・配線の引き回しや電源工事がありませんので工事費がそれ程かからないというメリットがあります。

更に機種によりますが、撮影映像のライブ閲覧のみだけなら録画機器は必要ありません。ただし、ネットワークカメラの時代というもののネットワークカメラにもデメリット存在しているようです。ネットワークカメラはインフラに依存度が高いゆえ、録画が出来ていない場合があり、 通信状況によっては映像が途切れる場合があるということです。

 

 

アナログカメラ

まだまだ監視カメラといえば、アナログカメラという認識の人たちもいるかもしれません。CCTVカメラ(閉回路テレビカメラ)とも呼ばれているものがアナログカメラであり、 テレビ用の同軸ケーブルを経由してテレビモニタに接続し、撮影した映像などをしっかりチェックすることが出来ます。

アナログカメラで撮影した映像は、VHSビデオテープやハードディスクに記録することが出来、ちょっと機械に詳しい人たちはやっぱりちょっとレトロという感じもしているのではないでしょうか。時代は、やっぱりアナログカメラではなくて、ネットワークカメラの時代なのかもしれません。

ただし、アナログカメラにはアナログカメラのメリットは存在しているようです。アナログカメラには、 インフラに依存しないので映像の途切れがないというメリットがあります。 そして、夜間映像・逆光補正に強いというメリットもあります。そのようなメリットを知り、敢えてアナログカメラの選択をしているという人たちも中にはいるのかもしれないですよね。しかし 映像のデータ転送が遅いというデメリットも、もう既にネットワークカメラ体験をしている人たちなら感じているはずです。やっぱりデメリットもアナログカメラには多いようです。

ネットワークカメラ

監視カメラを導入するものの、何を導入すればいいか判らない人たちって結構多くいらっしゃるのではないでしょうか。その時、まだまだアナログ的発想をしている人たちもいるのかもしれませんが、時代は確実にネットワークカメラの時代です。

まず、みなさんにはアナログカメラと、ネットワークの違いについてしっかり理解をしていただきたいのです。ネットワークとアナログカメラの違いは、画像記録情報の種類です。アナログカメラでは、アナログ情報(アナログデータ)を出力し保存をします。一方でネットワークでは、デジタル情報(デジタルデータ)を出力し保存するという大きな違いがあります。

ネットワークは、ウェブカメラまたはIP(インターネットプロトコル)カメラとも呼ばれ、撮影された映像は、 二進数のデジタルデータに変換されるという作業が行われています。ちなみに、カメラ導入業者の“アロバビュー”では、ネットワークカメラを使用して撮影された映像の人物や感情を数値化できるサービスがあります。そして、次に磁気または電子的保存作業が行われます。そして、ネットワークの場合では、DVDやSDカードなどの記録媒体に保存することが出来ます。

ネットワークカメラを使用して、人物の性別、年齢、新規/リピーター、感情を数値化するソリューションです。

そのような方法によって、インターネットやLANを通じて、画像送信などを簡単にすることが出来るようになります。インターネット、VPNを通して遠隔地のカメラをコントロールすることが出来、監視カメラとして有効的に活用することが出来、ハードディスク記録による長時間録画と、検索という方法によって、防犯対策として現在有効的に活用されている方法なのです。